読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

認知行動療法が有効な治療期について

うつ病の治療は投薬治療と精神(心理)治療の

両輪で進めることが大切とよく見聞きします。

これには私も同感です。

 

そして、寛解後の再発防止も考えれば

精神治療の方が重要と感じています。

 

精神治療の代表的なものとして、

認知行動療法があります。

 

私も2回のうつ病発症の治療の中で、

カウンセリングや様々な本を読む中で、

認知行動療法を試しました。

 

ただ感想としては、効果としては

急性期・・・✖  回復期・・・△

再発予防期・・・〇  未発症者・・・〇

みたいな感じじゃないかと思います。

 

睡眠障害や体重減少など、

著しい身体症状が出ている急性期の方には

逆効果なのではないかと感じるくらいです。

 

認知行動療法って要するに

「プラス思考になろう」「落ち着いて考えよう」

っていう内容です。

 

でも、ぶっちゃけ、

「そんな風に考えられるならうつ病じゃないよね。

 プラス思考が良いなんて、わかってるよそんなこと。

 それができないから困ってるのに。」

としか思いません。それも軽く流せたらいいんですけどね。

 

まだ完治していない人は、プラス思考になれないことに

逆に悩む可能性があるかもしれませんが、

それは無理はありません。仕方がないです。

 

私は一度回復したのでその時の感覚を覚えていますが、

うつ病が治れば勝手にプラス思考になります。

 

マイナス思考だからうつ病になる。

プラス思考になれば治るのではないです。

うつ病がマイナス思考にさせているのだから。

 

 

認知行動療法を否定する訳じゃありません。

むしろ再発予防期やうつ病になっていない人への

予防効果は高いと思いますし、重要だと思います。

 

認知行動療法の目的はストレスの軽減です。

同じ出来事があっても受けるストレスを減らせるように

受け止め方を変えることは大切です。

 

回復期にあっても、体調や精神状態に応じて

取り組んでいくこともいいと思います。

 

ただ、自分の経験として、認知行動療法には

適切なタイミングで適切な内容で取り組んでいくことが

必要と思ったので、少し書いてみました。