読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

もう一度、自分を好きになる

うつ病治療のこと

うつ病になった原因を考え始めると、

今までの人生の様々なことが、

失敗だったんじゃないかと思えてくることがあります。

 

果たして本当にそうなのでしょうか。

確かに、何もかもが思い通りになってきた訳ではありません。

 

どちらかというと人間付き合いは得意な方ではないし、

これといった特技や強い個性もない。

クラブ活動など本気で打ち込んできたこともない。

小中学校ではいじめられっ子でした。

 

大学受験や就職活動では第一志望はおろか、

それ以外もダメだった。

周りには非常に優秀な人間が多く、

いわゆる「勝ち組」と言われる人たちである。

 

 

でも、うつ病になる前は自分の人生が

失敗だなんて思っていただろうか?

 

 

自分自身では、結構満足していたように思う。

思い通りではなくても、それなりの学校、

それなりの仕事、そして決して広くはないけど、

周りの人には非常に恵まれている。

 

仕事も順調で常に高い評価をもらえていた。

さらにそれに応えようと頑張り、好循環が生まれていた。

職場の中ではかなり早めの昇進。

 

予定は詰め込み過ぎなぐらいに入っていた。

趣味も本格的ではないけど、旅行や

サッカー、フットサル、スノーボード

車、食べ歩き、飲み会など、楽しいと思うことは

とりあえず何でも実行してきた。

 

投資で運良く利益が出ていたおかげでお金に困らなかった。

就職して1年目からRX-8というスポーツカー

(と認めない人も多いけど)を買って、乗り回していた。

 

旅行も多い時は年に15回ほど。

薄く広くでも人並み以上に充実していたように思う。

少なくとも自分では満足していた。

楽しくて仕方なかった。

 

自分を全否定するほどの要素はどこにもない。

 

じゃあ、何故人生が失敗だったと思うのだろうか。

今のところ自分で感じているのは、

 

以前のように楽しめなくなった自分、

以前のように仕事ができない自分、

以前のように動けなくなった自分、

 

とにかく以前の自分ではないことが、

本心では全く受け入れられないためだと思う。

常に以前の自分と今の自分を比較している。

 

これは自分にとって治療を進めるための

大きな壁だと思っています。

乗り越えないと大きくは進めない。

 

糸口は見えないけど、

どこかにきっかけはあるはずだと思っています。

 

もう一度、自分を好きになる。

 

以前の自分ではなくたって良いところはある。

失ったこともあれば、得たこともある。

これから成長したり回復したりもできる。

壁にぶつかったことで人生を見直すことができた。

 

道のりは長いですが、毎日少しでも

自分を褒めていけるように心掛けていきます。