読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

実物不動産への投資を迷っています

半年ほど前から、近所の一軒家が売りに出されていたのですが、

ついに900万円を切る価格になりました。

 

実は売りに出されたころは1,100万円程度だったと思うのですが、

興味があって、家の中を観に行ったことがあります。

 

築年数は35年程度の木造なので建物はタダで実質土地代のみか、

取り壊し費用を考慮した価格なのに、

 

数年前にリフォームしたらしく、

壁や壁紙だけでなく、キッチンやお風呂は今どきの設備でした。

それがさらに値引かれて900万円以下に。

 

私が住んでいるエリアは35年ほど前の大規模開発で、

バブル期には非常に人気があったそうです。

 

ただ、現在では高齢化が進んでおり、

このように売り家が出ては買われて新築になったり、

住んでいる人が建替えたりして、

世代交代は遅いペースで進んでいます。

 

家が売りに出ると、スピードは条件に寄りますが、

最終的には必ず買い主が見つかる程度の、

ゴーストタウン化は免れている地域ではあります。

 

そこまで価格を下げる以上は何か事情はあると思います。

主な理由が物件自体にある理由で無ければいいんですけどね。

 

私が今の時点で把握しているのは、

地盤が緩い場所である可能性があることと、

高齢で別の場所に移り住むために売却を急いでいるということ。

 

私が今の家を購入したのは相続による相続人の投げ売りでした。

土地の広さや方角などの条件が良かったので、

上記の家よりはかなり高かったのですが、

それでも随分と安く買えました。

 

親戚が建築関係の会社をしていた関係もあり、

500万円も掛けずにフルリフォームと耐震補強を行い、

耐震補強補助を60万円ほど受けることができました。

 

うつ病になったことで、今後の収入が不安ではありますが、

いずれは建替えを考えずつ、月4万円程度のローンで済んでいます。

 

 

話は脱線してしまいましたが、

賃貸に出すとすると月6~8万円程度、

 

900万円をローンで組むと、

これは住宅ローンでは組めないので、

少し金利は高くなりますが35年ローンで

変動で月3万円程度では組めると思います。

 

差額の年間40万円程度から税金や修繕費を捻出して、

収益が出るようであれば、

投資してみたいなぁという気持ちはあるのですが、

ブログに書いて迷っている時点で何か引っかかっているんでしょうね。

 

一般的に不動産投資をサラリーマンがする理由は、

1.賃貸収入の獲得と収入の多角化

2.減価償却費等による不動産所得のマイナスで節税

3.ローンの支払いが進むことによる資産形成

 

ぐらいなのかと思うのですが、

 

2.は中古物件で古い物件なのであまり見込めないこと、

 

全て自分でやれば収益率はかなり高くなるかもしれないですが、

結局は業者に委託することでかなり利益を抜かれてしまうこと、

 

この辺りで引っかかっているんだと思います。

 

最近はREITなど不動産投資も便利な商品が多く出ているので、

実物不動産への投資はついつい面倒に感じてしまいます。

 

物件の購入はタイミングなので、

ゆっくりという訳にもいきませんが、

冷静に考えたいと思います。