読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

サッカーチームへの復帰

日々の体調や状態 うつ病治療のこと

今日は、うつ病が再発してからずっと休んでいた、

職場のサッカーチームの練習に参加してきました。

 

かなりの長期間、運動らしい運動をしていなかったので、

体力面で心配があったのはもちろんですが、

 

休職していたことで

みんなと会うのが気まずいというのも、

参加することへのハードルになっていました。

 

行ってみると、案外普通な感じで拍子抜けしました。

復職してから2カ月以上経過しているというのもありますが、

 

自分が思っているほど、周りは僕が休んでいたことを

気にしていないんだと思います。

いや、僕のことと言った方が正しいのでしょうか。

 

周りが自分のことを気にしていないというのは、

良くも悪くもなんですが、

うつ病患者は物事を気にし過ぎになる傾向は

確実にあると思います。

 

逆の立場になれば、誰かが病気で休んでいたとして、

そこまで気にするでしょうか。

同じ部署で迷惑を掛けた人ならともかく、

悪い感情を持つ理由もそんなにもありません。

(私の場合は退職して転職しようとしていたので

 思うことがある人はいるかもしれません)

 

 

かなり脱線してしまいましたが、

練習自体は普通に始まって、普通に終わりました。

 

久しぶりにボールを蹴ったこともあって、

トラップ一つ上手にできないし、

少し動いただけで息が切れてしまいましたが、

思っていたよりもは動けました。

 

練習とはいえ、

もうサッカーするのは難しい身体になっていると

自分の中では思い込んでいました。

 

家に帰ってきて、かなりの疲労を感じていますが、

思いっきり運動することで、

自分の中でどうしても消化できていないストレスを

発散することができたように思います。

 

散歩とか軽い運動では発散できないストレスもあるようです。

自分の限界まで走ることで頭がジンジンするような刺激を感じました。

血が巡っていなかった脳に血流が行き渡るよう。

 

医学的にどういう効果が起きているのかはわかりませんが、

間違いなくプラスに作用しているように感じます。

 

 

みんなと久しぶりにサッカーができたこと、

身体を思いっきり動かせたこと、

何人かとは話ができたことは本当に良かったです。

 

持って行った2Lのミネラルウォーターは

全部飲んで、汗で出ていきました。

やっぱり汗をかくのは気持ちがいいですね。

 

一方で、飲み会や遊びの話が聞こえてくると、

みんなと自分の状態の差を感じてしまうこともありました。

やっぱり自分はまだまだ万全な状態から程遠いです。

 

 

失われていた自分の環境を少しだけ取り戻すことが出来ました。

秋からの大会もあるので、体力を付けていって、

試合にも参加できるようになれればいいなと思います。

 

ジムに行って、マシンやプールで

トレーニングできればいいのですが、

焦り過ぎても反動が怖いので、

段階的に運動する機会を増やしていきたいです。