読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

有名ブライダルジュエリー店の1/3の価格でダイヤモンドが買えた話

雑記

気付けば随分と昔の話になりますが、

婚約指輪を買おうとして、

某有名ブライダルジュエリー店に行ったところ、

 

適正価格とはビックリするほどかけ離れた価格で

販売されていたことを書こうと思います。

 

 

結婚前にゼクシィなどの結婚情報誌を

読まれる方は多いと思うのですが、

ブライダルジュエリー店の広告がたくさん載っていますね。

 

結婚式場に打ち合わせに行っても、

ブライダルジュエリー店の広告をよく見掛けました。

 

なんだかいろんなブランドがあるんだなぁと思いきや、

同じ会社が複数のブランドをやっていて、

 

少しずつイメージやターゲットを変えながら、

巧妙にマーケティングがなされています。

 

 

話を元に戻します。

宝石なんて全く買うことが無かった私は、

ゼクシィに広告が載っている某ブランドが、

職場の福利厚生で確か20%引きになったので、

 

予算は既に決めていたけれども、

少しでも良いものが買えるかもしれないと、

下見も兼ねてお店に見に行ってみることにしました。

 

予算を伝えると、ダイヤモンドのグレードなど、

店員さんがいろいろと丁寧に説明してくれた後、

「あなたたちのためにダイヤモンドを選んできますね」

と予算に近いものをいくつか持ってきてくれました。

 

なんだかとっても綺麗に見えますが、

善し悪しなんて正直なところ全く分かりません。

20%引きになるし、有名店だから大丈夫だろうくらい。

 

リングのデザインは豊富に揃えられていて、

気に入ったものが見つかりました。

 

その日に決めるつもりは無かったけど、

これで良いかもと思っていました。

 

ところが、他の店も見てから決めたいと伝えたところ、

店員さんの様子が急変します。

 

「せっかく今日出合ったダイヤモンドが

 他の人に渡ってしまうかもしれない。」

 

「このダイヤは世界に一つしかないものです。

 同じダイヤは2つと存在しません。」

 

みたいなことを言い出しました。

 

そうかもしれないですけど、

私が掘ってきたものでも何でもないですからね。

出合ったって、予算に合わせて適当に選んできただけでしょう。

滅多に手に入らない希少なグレードな訳でもないですし。

 

縁起事だというのを逆手にとって、

そのような発言をする店員さんへの

不信感は一瞬で最高潮になってしまいました。

(マニュアルどおりなんでしょうけど)

 

しかも、話の雰囲気から感じるに、

かなりのぼったくり価格かもしれません。

せっかく買うかもしれなかったのになぁ。。

 

 

家に帰って来てからダイヤモンドの相場について

インターネットでいろいろと調べてみました。

 

shinwa.prcom.jp

 

ダイヤモンドの価格は4C.カラット(calat).カラー(color).クラリテイ(clarity)カット(cut)で決まります。

カラット(calat)は重さ.カラー(color).クラリテイ(clarity). カット(cut)の3つは品質です。

 

つまり、この4Cのランクが全く同じであれば、

その鑑定が信頼できるものである限りは、

価格が違えど基本的には同じ価値ということになります。

 

ダイヤさえ良いものを安く手に入れることができれば、

リングはどうにでもなるだろうと思い、

いろいろ探した結果、ここのお店にたどり着きました。

 

www.four-cs.net

 

ダイヤモンドの価格を見て愕然としました。

このお店の価格は某有名店の1/3程度の価格でした。

20%引きなんかじゃ全然割に合いません。

ぼったくりレベルというっても過言ではないと思います。

 

結局、このお店に行っていろいろ考えた結果、

某有名店で選んでもらったのと

ほぼ同等クラスのダイヤを3つ買って、

それを3連ダイヤネックレスにして、

婚約指輪代わりにしました。

 

気持ちの問題ではあるのですが、

それでも某有名店の価格には納得いきません。

 

同じ予算でも、もっと良いものが贈れると思いますので、

良かったら参考にしていただければ幸いです。