読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

住宅ローンの最優遇金利への疑問

最近はマイナス金利が定着してしまいましたね。

 

預金する側からすると無利息に近い状態ですが、

借りる側に立つと、本当に素晴らしい環境です。

 

特に住宅ローンではこの超低金利のメリットを

住宅ローン減税も含めて最大限に享受できます。

 

最近だと、イオン銀行の変動型で0.57%

www.aeonbank.co.jp

 

 

もはや頭金用意できていたとしても、手元に残しておいて、

できるだけ借りておいた方が良いんじゃないかと思うレベルです。

 

私が借りた時は某都市銀行の変動金利で0.875%でした。

今のイオン銀行金利と比べると0.3%もの差が出ています。

 

仮に3,000万円を35年で借りた場合の総支払金額は

0.875%⇒34,838,502

0.570%⇒33,098,804

と、約170万円もの差が出てしまうのです。

 

とはいえ、我が家は中古住宅でローン借入額も半分程度、

しかも将来的にはできれば建替えたいので、

途中で繰り上げ返済する可能性が高いことから、

 

借り換えにかかる抵当権登記費などの諸費用を考えると、

実際に借り換えするのは微妙かなと思っています。

 

 

しかし、次に疑問が出てくるのは、

私が借り入れしている銀行の現在の変動金利は0.625%。

 

「変動金利」なのにも関わらず、私の適用金利は0.875%のまま。

 

金利が下がっていて変動金利で借り入れしているにもかかわらず、

この超低金利の利益を受けられていないのです。

 

これには最優遇金利という謎の仕組みが影響しています。

例えば、私の場合だと店頭表示金利が2.475%で、

当時の最優遇金利は-1.6%だったので金利は0.875%、

現在の最優遇金利は-1.85なので金利は0.625%。

 

銀行側の理屈だと金利はずっと2.475%のままで、

私は借入時の最優遇金利が適用されているので、

今の最優遇金利がもっと大きくなっていたとしても、

 

今から借り入れる人よりも0.25%

高い金利を払わないといけないのです。

信用力が変わらないにも関わらずです。

 

これだけの低金利なのでそこまで怒りも持っていないですが、

現在の変動金利というのは、

金利状況の変動によって適用金利が変動するのではなく、

銀行のさじ加減で変動させることが可能な状況になっています。

 

気に入らないなら、別の銀行に借り換えてもいいんですけど、

繰上返済するのが前提なら、金銭的なメリットも微妙で、

手間も時間も掛かるので、

 

そこは建替え時の借入先を決めるときに、

反映させていくことにします。