読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

レールに沿って生きるってなんだ?

雑記

 最近、大学を中退して起業すると宣言したブログが話題になっていますね。少し前にもいわたさんという大学生が就職せずにフリーランスで生きていく宣言をして話題になっていました。こういうのを見るたびにどこか心に引っ掛かるところがあるので少し自分の考えを書いてみることにします。

www.ishidanohanashi.com

www.iwata09.com

 

若いうちのチャレンジは凄く良いこと

 若いうちのチャレンジは失敗しても十分挽回できます。世の中、浪人や留年している人もたくさんいるし、チャレンジした経験が後で生きてくるのなら、結果はどうであれ余程のことがない限りはプラスになるんじゃないかなと思っています。

 仮に1~2年の間、実質ブランクのような状態になっても、就職が不利になろうとも、別に全てが終わるわけでは全然ありません。大学も行き直すことは可能ですし、チャレンジの中で勉学の意義が見つかるかもしれません。

 せっかくチャレンジするのですから、自分の思うように頑張ってみて欲しいと思います。

 

でも、捨てなくていいものを捨てている

 起業するというチャレンジそのものは素晴らしいと思います。私の学生時代は遊ぶことばかり考えていて、到底そんなこと思いつかなかったです。行動に移すだけでも凄いです。

 でも、この段階で大学生という身分であったり、新卒採用というカードであったり、捨てなくていいものをわざわざ捨てて、自分の選択肢を狭めてしまう必要は無かったのではと思います。起業するにしても、フリーランスでやっていくにしても、今の環境で精一杯やってみて、それで時間が足りなくなったら検討するというぐらいの慎重さがあってもいいんじゃないかと感じました。

 

中途半端な気持ちでは務まらない

 何もかも捨てて、飛び込む思い切りの良さは起業には必要かもしれません。私の友人もすべての退路を断って飛び込み、長く苦しい期間があったものの、今ではいい感じで事業が回っているようです。中途半端な気持ちでは到底務まりません。

 環境を捨てるのは慎重にと書きながら、何でそんな矛盾したことを書くのでしょうか。これはあくまで私が感じただけですが、彼らからは中途半端な気持ちしか感じなかったからです。宣言記事に後ろ向きな記述が多いのが気になりました。何故、大学が楽しくないのか、内定がもらえないのか。そこは向き合う必要があると思います。そこを消化せずに逃げるように起業やフリーランスを目指していると感じるからこそ、否定的な意見が出てくるのではないでしょうか。

 多くの批判的なブックマークコメントが見られますが、自分の気に入らないコメントにも目を通して、自分の価値観などと照らし合わせながら消化する必要はあると思います。決して他人の意見に従うという意味ではありません。

 

レールに沿って生きるってなんだ? 

 レールという表現がよく出てきますけど、何なんでしょうね?多くの人が取る進路をレールと呼んでいるだけであって、単なる職業の選択に過ぎないんじゃないでしょうか。

 そもそも働き方の選択に正解も不正解もありません。自分の適性や環境、興味などに応じて自分が一番良いと思う方法を選ぶだけのことだと思います。

 そういう意味で、プロブロガー代表格であるイケダハヤトさんは、まだ東京で消耗してるの?と煽っていはいますが、単に都会でサラリーマンするのに適応できなかっただけです。都会でサラリーマンしているほうが楽しめる人だってたくさんいますし、もちろん田舎でブログしながら生きていくのが向いている人だっているはずです。

 

私自身のレールはどうだったのか?

 偉そうなことを言いながら、私自身も恥ずかしながら決して積極的ではない理由からレールを乗り換えたり、脱線することを繰り返しています。

 

高専から大学文系学部へ編入

 多くの人が技術者として就職する高専にいたのですが、本当に優秀な人たちが多く、この世界では活躍していけないと判断し、経済や投資に興味があったので大学の経済学部に編入学しました。受験は失敗。志望校2校は落ちて、すべり止めとして受けていた地方の国立大に行くことになりました。

 結局、就職活動も全然思うようにはいかなかったものの、最終的には自分でも納得できる仕事に就くことができました。

 

転職の失敗 

 順調に評価を得て、昇進していっていたものの、自分には全く関係がないと思っていたうつ病を発症してしまいました。そして、数年前から興味を持っていた、以前の部署の仕事を専門的にしたような企業に転職しようとするも、うつ病の再発により内定を辞退することになりました。

 

for-happy-life.hatenablog.com

 

うつ病により職場内の出世のレールからも外れる

 2度のうつ病での休職によって、嫌でも上がっていくしかないと言われていた出世のレールからも外れ、役職も落とされてしまいました。職責を果たせるだけの状態ではないのでそれで良かったとは思っています

 数年間は病気を治すことを優先せざるを得ない状況で、出世は大幅に遅れることになりそうです。

 

それでもサラリーマンで良かった 

 それでもサラリーマンで良かったと思うのは、体調を崩してもクビにならなかったこと。しかも休職中の収入も一定は確保できました。個人事業主やフリーランスだったら、即座に生活の危機です。

 また、サラリーマンなら年金や健康保険料は労使折半で会社が半分負担してくれます。こういったところも安心ではありますね。結婚して、子供ができたことで、余計にそう思うようになりました。

 

結局何が言いたいのか

 若いうちのチャレンジは失敗しても取り返しがつくし、経験になるから積極的にしていくのは凄く良いこと。ただ、何事からも学ぶ姿勢は大切だし、与えられた環境は大切に。選択肢は多く持てるほど将来のリスクは低くなる。レールという世間一般のものさしに捉われる必要はない。逆にサラリーマンという選択は一番安全でもあるし、良い部分もある。病気や事故などでレールを踏み外すリスクもある。必ずしも、起業やフリーランスが自由ってわけじゃない。サラリーマンでもこれでもかというぐらい楽しくやっている人もいる。みたいな感じでしょうか。

 結局は自分次第じゃないかな。答えになってないけど。