読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

VISAデビットカードのメリットとちょっと改善要望

節約のこと

お題その1「VISAデビットをブログで宣伝コンテスト」

 はてなブログデビットカードの宣伝コンテストをやっているので、今年にVISAデビットカードを作ったこともあり、良かったことと改善して欲しいことについて書いてみようと思います。

利用できるお店が圧倒的に増えている

 以前にもデビットカードを持っていたことがありましたが、当時は使えるお店が少なく、レジなどに分かりやすく掲示しているお店も少ないので、なんだか使いづらいなぁと思って結局使わず仕舞いになっていました。

 VISAデビットカードはVISA加盟店で使えるので、カードが使えるお店=VISAデビットカードと同じような感じで、使いやすさは圧倒的に良くなっています。

利便性の向上で現金払いとカード払いの良いところ取りが可能に

 

 使用時における利便性がVISAカードと同等になったことにより、預金額以上は使えないクレジットカードのような感じで、クレジットカードだとちょっと怖いなと思っている人にも、現金払いでの安心と、クレジットカードの明細などの管理面の良いところ取りが可能になったと思います。

 カードは使い過ぎる危険性はあるといいますが、それって現金でも同じですね。きちんと節制できる人にはレシートを集めて管理するよりも、カードの明細で管理できる方が圧倒的に楽です。

 なんとしても現金払い派の人もいると思いますが、大きな買い物をするときなどにお金を引き出したり、コンビニなどでちょっとしたものを買う時の小銭を出す手間が省けたりと本当に便利です。いきなりクレジットカードはちょっとなぁと思う方にこそ、一度その便利さを知ってほしいです。

少しだけどキャッシュバックもあります

 

 毎月利用金額の0.2%がキャッシュバックされます。100万円利用して2,000円のキャッシュバックですね。これは高還元のクレジットカードと比べると、無いよりはマシなレベルですが、今まで現金払いの人にとっては少しでもプラスになりますね。

 私個人としては、高還元のクレジットカードと比べると還元率がかなり劣りますし、一般的なクレジットカードでも還元率は0.5%程度なので、ここはもう少し頑張って欲しいなぁと思います。

まとめ

 

 還元率ではクレジットカードに劣る部分もありますが、クレジットカードが使えるお店のほぼ全てで利用可能となったことで、私の知っている以前のデビットカードよりも格段に利便性が高くなっています。

 コンビニや時間外などでお金を引き出す時に手数料が掛かったりすることを考えれば、デビットカードを活用することで手数料の節約に繋がったりもします。

 現金払い、デビットカード、クレジットカード、それぞれにメリット、デメリットはありますが、メリットを上手に活用して、便利でお得に生活できるようにしたいですね。