読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

サイゼリヤの秘めたるポテンシャルを堪能してきました

 サイゼリヤって、ミラノ風ドリアを筆頭に、全体的に安くて美味しい、コストパフォーマンスに優れたチェーン店というイメージがあったのですが、つい先日、ネットで下の記事を見つけて、凄くサイゼリヤに行きたくなって、行ってきました。

inadashunsuke.blog.fc2.com

 この記事の内容をみる限りでは、サイゼリヤの真価はミラノ風ドリアなんかでは全く語れないようです。組み合わせによっては美味しいワインバルの料理が激安で楽しめるようなことが書かれています。

 投資をやっている関係で、サイゼリヤのコスト削減努力や食材へのこだわりについては結構知っていたつもりだったのですが、サイゼリヤに行ったとしてもミラノ風ドリアとサイドメニューを少し頼むぐらいで、どれくらいの物が出されているのかはあまり知りませんでした。

 リンク先ではおすすめとして下記のようなメニューが紹介されていました。

サイゼリヤ(俺が)おすすめお取り分けカップルディナーコース

<アンティパスト>
・ミラノサラミ ¥299
・青豆の温サラダ ¥199 ペコリーノ粉チーズ¥69とミニフィセル¥169と共に
・フレッシュチーズとトマトのサラダ ダブルサイズ ¥598 *必ずドレッシング無しでオーダーする事

<プリモピアット>
・ミネストローネ ¥299×2

<セコンドピアット>
・粗挽きソーセージのグリル ¥399
・スペアリブのオーブン焼き ¥799

<ドルチェ>
・イタリアンプリン ¥249×2

 今はメニューにないものも多かったのですが、注文したメニューを一つずつ素人目線で感想を書いていきます。美味しんぼのような解説はできません。美味しいとか美味しくないとか、そんなことしか書けなさそうです・・・

・ミラノサラミ

 あんまりサラミって進んで食べたことが無いのですが、かなり美味しい。もっと硬くてビーフジャーキーみたいなイメージがありました。

 雰囲気の結構いい店で780円とかで出てきても、全然納得してしまいそうな質だと思います。これをつまみに赤ワイン(デキャンタ250mlで200円)とかで十分楽しめます。サイゼリヤは本当にワインが安過ぎです。1500mlのボトルで1,000円、残ったら持ち帰ることもできるらしいです。

・青豆の温サラダ、ペコリーノ粉チーズ

 食べ方が分からず、粉チーズを掛けて混ぜ混ぜして食べました。普通に美味しいけど、その良さはあまり分かりませんでした。ちゃんと書いてある通りにブルスケッタにしなかったから駄目だったのかもしれません。

・フレッシュチーズとトマトのサラダ

 ドレッシング無しでと書かれていましたが、そのまま注文してしまいました。オリーブオイルと塩で食べた方が格段に美味しかったと思います。それでも十分に満足のいく美味しさなんですけどね。

 ドリンクコーナーに置いてある自由に使えるオリーブオイルの品質は、よく売っている平均的な物よりもかなり上等な気がします。どうやらサイゼリヤの真価を堪能するにはこのオリーブオイルを贅沢に活用するところが肝のようです。

 モッツァレラチーズは期待を裏切らない美味しさです。家ではなかなか買えないので、気軽に堪能できるのは嬉しいです。 

・ソーセージのグリル

 同じ商品名の物は無かったのですが、ソーセージのグリルを注文。これも激安チェーン店で出てくるような質の物では無いように思います。本当に肉がぎっしり詰まっていて、味もしっかりしています。

・水牛モッツァレラのピザ(Wチーズ)

 チーズの量を2倍にしてもらったら、美味しいピザ屋さんで普通に乗っかっているぐらいのチーズの量がありました。これって凄いことだと思います。

 ただ、ピザ自体がなんか物足りません。オリーブオイルや唐辛子フレークで工夫しないといけなさそうです。ピザ生地自体にも改善の余地がある気がします。吉野家系列のお店では結構おいしかったので、改善に期待です。

rocketnews24.com

・イタリアンプリン

 サイゼリヤってデザートの価格がかなり高いですよね。ミラノ風ドリアの安さが意味なくなってしまうくらいに。でも、価格以上の素晴らしさがあると思います。

 このプリンはコンビニスイーツなんてライバルにならない美味しさです。言葉では上手く表せませんが、ぜひ一度食べて欲しいです。良かったらティラミスも。

 

 全然上手に解説が出来ませんでしたが、リンク先に書かれているとおり、サイゼリヤの真価はミラノ風ドリアだけでは語れないということがよくわかりました。隠しワインリストのあるお店もあるらしく、一度飲み会でもして本格的にサイゼリヤを味わい尽くしてみたいと思います。