読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

新年会が純粋に楽しめた

 先日、いちご狩りと新年会に参加してきました。とあるボランティア活動をきっかけに続いているグループなのですが、年齢も職業もバラバラで私にとっては大変刺激になってきました。かれこれ15年ほど続いているでしょうか。

 うつ病が再発してからは初めて会ったので一年ちょっとぶりでした。最初は少し緊張していたのですが、特に病気のことに触れることもなく、すんなりと入っていけました。

 久しぶりに人と会うときはやはり緊張する状態は続いています。こういった部分を感じるうちはまだまだ治っていないのかもしれません。

 最近は、大人数で集まる場にも顔を出せるようになってきていますが、楽しさ≧消耗というくらいが多いです。本当なら、楽しさ>>消耗とか、楽しさしか感じないみたいなはずなんですけどね。

 楽しそうことには多少疲れていても、参加しないと損みたいに思っていました。時間やお金や体力が許すなら楽しいことには参加したい。

 でも、うつ病になった今は、時間はできたけど、お金は微妙、体力や精神力は激減したので、楽しいことを楽しめるだけのハードルが随分と上がってしまいました。

 今回は楽しさ>消耗という感じで、大きな不安や疲労感も感じずに、純粋に楽しめる時間を過ごすことができました。年齢や職業が大きく異なるグループだからというのが大きいのかもしれまんね。私よりもかなり年上の方が多いです。

 そうそう、いちご狩りはじゃらんでお得なクーポンを見つけました。リンク先の下の方に実質半額クーポンが載っています。

www.jalan.net

 新年会はメンバーの方の家で、おでんなどをご馳走になりました。久しぶりに大きな不安を感じずに心の底から笑えたように思います。

 こういった久しぶりに会う人たちと楽しい時間が過ごせると、純粋に楽しめたことで自信が取り戻せたり、人間関係が崩壊してしまったと思っていた認知のゆがみにも気付いて修正されることで、調子が良くなったように思います。

 逆もあるかもしれません。信用していた友人が、うつ病になっただけで離れていく、連絡が取れなくなるというパターンは自身の喪失や、認知のゆがみを助長させることになるかもしれないですね。

 今回は大きくプラスに働きましたが、人と会ったり連絡を取ることはマイナスに働くこともあるので本当に難しいです。少なくとも自分で大丈夫と思えてから会うようにするほうが良さそうです。

 最近は体調上プラスに働いているであろう出来事が続いているように思います。一方で、疲労が蓄積されてきている感覚もあるので、週末はゆっくりと休養を取ってリフレッシュしたいと思います。