読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

一歩一歩進んでいくことの大切さ

 今日は昨日の事で疲れてしまったのと、気持ちが落ち込んでいることもあって、あまり動けませんでした。

 天気が悪かったのも調子が悪かった原因の一つかもしれませんが、やっぱり現状はまだそんなものなのかというショックと、今後も上手くやっていけるかなぁという不安があります。

 うつ病の社会復帰や参加って本当に難しいです。普通なら当たり前のことが当たり前にはできない。それが他の病気や、怪我も同じかもしれませんが、主治医や自分自身でさえも把握できないことが多く、本当に手探りです。ちょっとしたことで想定外にダメージ食らってしまうのも厳しい。周りもなんで?って思うかもですが、自分でもなんで?って感じです。

 昨日はショックを受けて落ち込んでしまいましたが、まだ本格的に忙しくなっていないとしても、4月からの新しい部署でなんとかやっていることや、少しずつ旅行や趣味、友人と会う機会が増えてきていることを考えると、1カ月単位で見ると、順調に回復しているようにも思います。

 日々一歩一歩進んでいきながら、それでも後退せざるを得ない時があっても、それはそれで無理せずに一歩下がって、後から見れば随分と進めたなと思えるようになっていきたいです。

 一歩一歩といえば、大きな目標と立てて一発逆転のようなことを考えずに、自分の前に小さな段差の階段を作っていくことも大切だと感じています。

 うつ病になってから、ちょっとしたことでストレスや不安に感じたリ、判断できなかったり、疲れてしまったりということが多いです。

 4月に異動して人事付けが解かれただけでも、仕事がきちんとこなせるか、トラブルや繁忙期に対処できるか、職場に受け入れられるか、内外の人たちとコミュニケーションが取れるか、通院のための休みが取れるかどうかなど、多分そんなに大したことないことが一つ一つ結構なハードルに感じます。

 もちろん、体調管理や治療を優先させながらも仕事も迷惑を掛けずにこなすためにバランスを取りながらやっているつもりですが、反省ばかりせずに、1週間行けた、1か月行けたというのも、実績というか成果のようなものと考えるようにしています。

 階段どころか、スロープみたいなレベルでも、それで自分が日々前に進めていけるのであれば良いと思っています。

 今日は何も無かったと思っていたのですが、お昼に少しこだわったそばつゆを作りました。また明日からも少しずつ歩いていきたいです。