読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

友人の来訪

今日は、友人が家を訪ねて来てくれました。

 

ちょうど、復職して落ち着いてきて、

会いたいなぁと思っていた矢先に

突然連絡があって、訪ねてきてくれました。

 

うつ病になってからは随分と活動範囲が狭くなっていて、

これまでは良く会う機会があった人まで、

ほとんど会えていない状態になっています。

 

会えていないというよりは、会っても楽しく振舞えない、

会うだけの気力や体力が無いという方が正しいかもしれません。

 

久しぶりに会って話していて、

うつ病になるまでとそんなに何も変わらないなぁと感じました。

 

職場では休職することになって迷惑掛けて、

居場所が無くなってしまったように思っていたのですが、

それでも変わらず良くしてくれる人はいるし、

 

プライベートの友達になると、これまでと何も変わっていない。

確かにお酒が飲めなくなって、飲み会はできなかったり、

疲労が溜まりやすいので活動しにくい部分はあるのですが、

何もかもを失った訳じゃないと嬉しく思いました。

 

 

追記

更新してからハッとしました。

何もかもを失った訳じゃないけど、

人間関係は残念ながら変わってしまう部分もあります。

 

やっぱり、うつ病を受け入れてくれない人、

理解してくれない人は

以前は親しくしていたとしても、

どうしても出てきます。

 

相手に原因があるかもしれないし、

自分の接し方や態度に対して、

相手が気に入らなくなってしまう

可能性も十分にあります。

 

これは仕方がないことかもしれませんし、

無理に付き合うことが治療にプラスに働くとは思えません。

 

人間関係を失ってしまうことは残念なことですが、

それでも残っていく友達は本当の親友だと思って、

大切にしていくのがベストじゃないかなと思っています。