読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

人事付けからの10月異動について考える(3)

最近は10月異動についてばかり考えてしまいます。

 

 

for-happy-life.hatenablog.com

 

 

for-happy-life.hatenablog.com

 

10月異動になって人事付けが解かれると、

異動先がどんな部署であっても、

仕事の負荷は一気に大きくなります。

 

日々の体調管理やストレスへの対処はできるか、

通院のために休みを取ることができるのか、

精神疾患に理解がある上司や同僚かどうか、

 

今の状態に期待される仕事をこなせるか、

こなせない場合でも人間関係は良好に保てるのか、

 

他にもいろいろありそうですが、

少し考えただけで様々な不安が次々と頭をよぎります。

 

その一方で、やはり人事付けは居辛い

ということも、強く意識し始めました。

 

やっぱり「訳あり感」が強くて、

特別扱いされていることを

良く思わない人もいるようです。

実際に「訳あり」なんですけどね。

 

 

自分の本心としては、少しでも早く

人事付けを解かれて、仕事ができるようになりたい。

 

でも、うつ病がまだまだ完治していないため、

そのあたりの配慮やサポートは欲しいし、

通院や体調不良時にも休みやすい環境だとありがたい。

 

矛盾しているし、わがままなのも自覚しています。

でも今の自分にはそれで精一杯。

 

無理しすぎると再発リスクは非常に高いと思いますし、

再発すると自分と職場の双方にマイナスになります。

そんなことなら人事付けが続くほうが安心。

 

なんだかそんな辺りで気持ちが揺れているようです。

人事も配慮してくれるとは言っているので

信じたいんですけどね。

 

 

今日は数年間課題になっていたある仕事について、

私が整理して効率化したということで、

随分と褒めてもらいました。

大したことではないと思っていたのでビックリ。

 

仕事の量が少ないからじっくり

取り掛かれただけなんですけどね。

でも褒められたり、認められると嬉しい。

 

先週と比べると、不安はあるものの、

10月異動でも良いような気はしてきています。

 

ハイリスクハイリターンでもありますが、

上手く適応できれば大きな自信につながります。

 

今週の金曜日が診察日なので、

それまでに考えをできるだけまとめておこうと思います。