読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

以前のように仕事が進められない①

日々の体調や状態

 もうすぐ復職して4カ月になります。最初は軽作業のような仕事しかしていないのにもかかわらず、通勤すること自体が非常にハードに感じていました。

 最近は、仕事に行くリズムに慣れてくると同時に、与えられる仕事も少しずつ変化してきています。具体的な作業を指示されるようなものから、ざっくりと与えられて、自分で組み立てないといけないような内容になってきました。つまりは普通の仕事の与えられ方に近くなってきています。

 アルバイトじゃないんだから、そんなこと通常であれば当然なのですが、どこか上手くいかないと感じていることがあるので少し書いてみたいと思います。

 

やってみる前に立ち止まってしまう

 

 誰だって初めてする仕事というのは不安もあります。前提となる知識や経験が無ければなおさらです。でも、大抵の仕事というのは最初は全然道筋が見えていなくても、やってみたり調べてみたりしているうちに、何となく道筋が見えてくるものです。最初から何でもできるスーパーマンなんてそうそういない訳ですし。

 それは重々理解しているつもりなのですが、やる前から不安に支配されて立ち止まってしまっている自分がいます。以前は進まない議論になったら上司に、ごちゃごちゃ言ってる暇があったらできるのでやります!とか言ってたんですけど、そんな勢いはどこへやら。結局、不安と戦ってようやく取り掛かれたら、最初に不安に思っていたことなんて、不安でも何でもなく、新しい壁ができてまた不安になってしまっています。

 

先が見通せない

 上手く表現できないのですが、1手、2手先さえも、先が見通せない状況です。総合的な判断ができないとも言えるのですが、状況を把握して取りうる選択肢を複数考えて、優先順位を付けて臨機応変に進めていくということが思うようにできません。

 何か壁にぶつかると不安が先に来てしまい、思考回路はすぐに混線状態。頭の中でいろんな考えがぐるぐる回る割にはまともな答えが出せません。不安で支配されているので、頭の中で建設的な組み立てはできていないのです。

 多少のトラブルやつまづきは事前に想定できて、余裕を持って対処できれば大きなストレスは感じないはずなのに、ちょっとしたことでストレスに感じてしまいます。

 

不安の要因は再発が怖いから

 不安に感じて立ち止まってしまうのは再発が怖いからというのが一番大きいです。これ以上評価を下げたくないから失敗したくないという気持ちもあるのですが、とにかく仕事をこなさない事には評価を取り戻せないことも良く分かっています。

 それでもなかなか前に進めないのは、うつ病を再発させてしまったら評価を下げるどころか、今の職場には再起不能になる可能性が高いからです。でも、2回目に発症した時も散々気を付けていたつもりなのに再発したので、どうやって防いだらいいのかわからないんです。わからないから必要以上にブレーキをかけてしまっている部分はあると思います。主治医からはそれぐらい慎重な方が良いよと言われています。

 

 続きはまた次回に書きたいと思います。