読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

月曜日がしんどい

日々の体調や状態

 以前にも同じようなことを書いたのですが、休み明けの月曜日は他の曜日と違ってかなりしんどく感じます。特に朝起きて職場に着いてしばらく経つまでが大変です。

 別にうつ病じゃなくても月曜日はみんなしんどいよ!と思う方もおられると思うのですが、私がうつ病になる前と比べても比較できないほどの差があります。以前のしんどいは、ここで私が言うしんどいとは違う次元のものです。

 どうしてなのかなぁと考えてみることもあるのですが、やはり土日との生活リズムのギャップ、また仕事が一週間始まることへの不安感が原因だと考えています。

 土日は基本的にはゆっくり過ごすようにしています。最近でこそ、予定を入れることも多くなってきましたが、それでもうつ病になる前の感覚だとゆったりとしたレベルのスケジュールです。

 本当はせっかくの休みなのでやりたいことや、やらなければならないことがたくさんあります。でも、休みの日に活動しすぎると疲れが取れず、仕事に支障をきたしてしまいます。既に支障はきたしているんですけどね。。それでも、自分なりに体調管理はしていく必要があります。

 土日の朝はとてもゆっくりです。遅い時だと10時ごろまで寝ています。基本的には朝にはあまり予定を入れないので、起きようと自然に思えるまで寝るようにしています。起きないといけないというプレッシャーから解放させて、疲れをきちんと取ることを最優先としています。

 そのために月曜日には休みの日とのギャップがどうしても発生してしまいます。土日にも生活リズムを保つためにいつもと同じ時間に起きるという考えもありますが、それではおそらく疲れが取れないと思われます。

 実際に休みの日に朝から用事があったことも何度かありますが、非常に疲れが溜まってしまった記憶があります。なので、どうしてもという用事以外は朝からは入れないようにしています。

 月曜日がしんどいから、ギャップをなくすために土日も負荷を掛けるというのはあまり現実的ではなさそうです。やっぱりゆっくりして疲れをとるほうが賢いのかなと思います。

 あと、月曜日は休みの日に仕事から離れていたことにより、仕事への不安感が大きくなるように思います。職場についてしばらく仕事をしていれば、その不安は小さくなることが多いです。

 まるでプールに入る時のように、入るときは負荷が掛かるんだと思います。入ってみれば少しすると慣れて、なんでもなかったりするんですけどね。

 これはうつ病発症時にはストレスによって、プールでいえば心臓麻痺を起こしてしまったようなものですから、ちょっとしたストレスにも不安を感じるのは仕方ないのかもしれません。

 身体や脳が覚えてしまった恐怖は、少しずつ慣らしながら、回復させていくしかないのかなと思います。

 ここまで書いてみたものの、解決策らしいことは何も書けていませんね。以前に、日曜日を週の始まりと考えて、月曜日からの仕事に備えるという捉え方を教えていただいたこともあるのですが、自分なりの少しでも楽になる気持ちの持ちようを考えていきたいです。