読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

みんなのクレジット 処分勧告後の経過①

 先日、資金の一部を投資しているソーシャルレンディング事業者であるみんなのクレジットに証券取引等監視委員会より処分勧告が出されました。

for-happy-life.hatenablog.com

  勧告の内容を読む限りでは詐欺、あるは詐欺に近い手口の可能性が非常に強く、投資した資金が回収できない可能性が強くなっています。

 すでに投資してしまった方、これから投資しようと考えていた方への情報提供のために経過を報告していきたいと思います。

口座残高の出金依頼

 ひとまず口座にプールされている、これまでのキャンペーンや利息について、早速出金依頼を行いました。

 週末に依頼を掛けたのですが、月曜日に無事振り込まれていることを確認しました。その際、本来なら差し引かれるはずの出金手数料が引かれていませんでした。

今月分の利息支払

 

 本日が償還金及び利息の支払い日でした。私は来月償還のファンド1本のみに投資しているので、今月分は利息のみですが、予定通り支払われていました。

ファンドの募集状況

 こんな事態にも関わらず、通常通り募集を行っているようで、しかも本日だけでも執筆時点でざっくり計算して700万円程度の応募があったようです。毎日来ていた勧誘メールが来なくなったのは事を荒立てないようにするためだと解釈しています。

 新規投資額はみんなのクレジットのホームページから確認したので、本当のことを表記しているかは定かではありませんが、2ちゃんねるなどでの反応をみる限りでは暢気に構えている方が多いようですので、会社発表を真に受けている方もいるのかもしれません。

2ちゃんねる、ブログなどの書き込み内容

 真剣なのか、冷やかしなのかを全て見分けることはもちろんできませんが、私が想像しているよりも楽観的に構えている人が多いように感じます。また、企業財務や計画倒産の手口、投資そのものについての知識がほとんど無いであろう方、処分勧告に対する会社の見解発表を鵜呑みにしている方も多く見受けられます。

 ソーシャルレンディングを専門としたブログを書かれている方にもそういった傾向が強く感じられました。中には最後まで信じたいみたいなことを書いているブログもあったのですが、少なくとも新規投資は避けるべきであり、そのことをハッキリと書くべきです。散々宣伝してきたのにアウトかもしれない、アウトであろうということを認めたくないのかもと感じました。

 投資は状況に応じて判断を変えていく必要があり、一度決めたことに固執するのは素人だとしか言いようがありません。

今後の見通し

 

 出金依頼や今月の支払いが滞りなく行われるのは想定の範囲内です。来月の償還日が正念場だと思っています。特に私にとっては来月償還のファンド1本だけなので、それが全てです。

 計画倒産を予定しているとしても準備期間が必要であり、それまでは事を荒立てないようにすると思われます。普通に考えれば来月の償還は絶望的だと思っていましたが、ファンドへの新規の応募状況からすると、あえて来月も滞りなく償還させることで投資家(被害者)心理の改善?を狙ってくるかもとか考えはじめました。

 今のところ来月に無事償還される可能性は20%ぐらいでしょうか。あくまで個人的な感覚によるものです。また、報告したいと思います。