うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

自分は卑怯者なのか

 こちらの記事を読んで、普段から感じていることがあまりにもリアルに書かれていたので、気持ちを整理するために少し感じたことを書いてみようと思います。

hituzidameiko.hatenablog.com

 「これは、ただのフィクションです。」と前置き、後置きがあるところが、何故かより一層リアルに感じさせられます。

 そう感じるのは、少なくとも私にとってはフィクションじゃないからだと思います。

 うつ病になってから、以前のようにバリバリと働くことができなくなりました。そんなに激務な仕事では無いのですが、それでも連日深夜残業になった時期もあったし、自分に本当にこなせるのか不安な仕事もたくさんこなしてきました。

 それに対して、しんどい、疲れたと感じたりすることはあっても、全体としては、苦労は買ってでもするもの、これは自分の成長に繋がる、と前向きに捉えて頑張ることができていました。

 頑張って乗り切れたら、周りも認めてくれますし。それで信頼関係が出来たら、仕事はもっとやりやすくなります。

 死ぬ気で頑張っても死ぬことはないと思っていましたし、忙しいかったり困難な仕事もいつまでも続かない。落ち着いたらリフレッシュして回復したら、前よりも強くなってまた頑張れる。そう信じてやってきました。

 でも、今の自分にはそう考えたり、実行することができません。少し前に体調を悪化させて1ヶ月休むことになったのも、急に仕事が忙しくなって、深夜残業が1週間も続かないうちに体調が急変してしまいました。

 前回の復職から1年半かけて、少しずつ回復してきて、通常時の業務ならなんとか回せるようになっていました。でも、今回の休職でまた大きく後退してしまった。わずかに築いた信頼や実績もまた崩れてしまった。

 病気だから仕方がない、数年は無理をせずに焦らず治さないといけない、以前のようにできると思ってはいけない。確かにそうなんだと思います。今回も、みんな忙しい中、自分もついていかなくてはと思い、無理した結果、休職となり、忙しい時に大きな迷惑を掛けてしまった。頑張ってもできないものは、できない。

 一方で、みんながやっているのに、何故自分はできない、逃げているだけなんじゃないか?と思う自分もいます。思いどおりにならないから逃げている?

 うつ病になって、なかなか周りに理解してもらえないことが多いですが、自分自身さえも、自分のことを分かってあげられず、責めてしまっている部分があるように感じています。

 焦りも出てきます。いくら焦らずにゆっくり治したら良いと言われても、世の中が自分を待ってくれることはありません。周りの人たちも日々、様々なことを経験して、成長していく。

 うつ病を経験していることも大きな経験になるかもしれない。それは間違いないと思います。でも、日々の活動量は本当に少ないことにやっぱり焦る。

 Facebookなどをみても、みんなの投稿が凄くキラキラしていて、羨ましい。というより悔しいときもあります。以前は、誰よりも自分の生活は充実していると思っていました。

 自分がやりたいこと、楽しいと思えることを一緒に付き合ってくれる友人も、時間も、お金も、それを実行するための健康な心身も、全てが満足に揃っていました。

 今は、やりたいことが実行できないし、そもそもやりたいのかどうかも分からなくなってしまっていることが多いです。以前と同じことをしていても、同じように楽しめないことが多いような気がします。

 それだったら、今の自分に合った、やりたいことを見つけていけば良いのですが、見つけられない。無理やり探しては、少しやってみるけど続かない。本当に興味がないだけなのか、実行する余裕が無さ過ぎるからなのかも良く分からない。後者の影響が大きい気がします。

 仕事に行けば、週5日残業無しで働くのが精一杯だし、平日は家に帰ってきたらそれ以上行動できない。土日も以前ほど動けない。

 以前は平日は定時になったら、新しい一日が始まるような気持ちだったし、土日はフルで動いていた。

 仕事はあくまで生活の一部であって、真剣に取り組みはするけど、あくまでプライベートが人生のメインだった。だって仕事のために生きているんじゃない。

 今は、仕事に行くのが精一杯でほぼ全力を傾けている。満足に仕事もできないのだから、少しでも迷惑掛けないようにしないといけないし、仕方がない。仕事しないと生活できないし、退職してしまったら同等以上の条件ではまず見つからない。

 だから、仕事になんとか行くことが人生の目標みたいになっている気がします。仕事でどうしたいとか、何を目指したいとかじゃなく。

 金銭感覚も、お金を稼いだり、貯めて何をしたいというのではなく、どれだけ貯めたら働けなくなっても大丈夫だろうかと考えるようになった。給料から頑張って貯めても足りる訳が無い。そもそも、働き続けないと、年金もまともに貰えない。

 特に文章のまとまりも考えずにここまで書いてきましたが、頑張ってもできない自分を認めてあげられない葛藤と、人生全般にわたって受け身の姿勢になっているように思いました。

 あまり深く考えずに書き出してみることも、客観的に自分を見つめるには大切なのかもしれません。

 ギリギリ精一杯だから、受け身にならざるを得ないのですが、なんとか心の持ちようを変えていけたら良いなと思います。

今回のうつ病悪化による休職を振り返る

 昨日の記事にも書いたとおり、1年半ほど前に復職してから、無理をせず、少しずつ回復をしてきていたのですが、先月に突発的に業務量が劇的に増加し、うつ病を悪化させてしまい、1カ月ほどの休職となってしまいました。

 職場や同僚には体調は万全な状態からはほど遠く、これからも長く治療を続ける必要があること、再発のリスクはかなり高く、繰り返すことで更に高くなってしまうことを出来る限り伝えた上でのこの結果です。

 職場としても、これまで出来る限りの対応をしてきてくれました。復職時から1年弱は人事付けで軽減された業務をさせてもらい、この4月からは比較的業務量の落ち着いている部署への配属と、ここまでは十分に配慮していると言えると思います。

 ただ、業務量の落ち着いている部署というのが、普段は落ち着いているけど、たまに激務になって残業も月100時間を超えるという、業務量に大きな波のある部署で、実際に劇的に忙しくなった時にはこれといった配慮がなされなかったというのが、今回のうつ病悪化の原因です。

 また、私自身も自分の体調を正しく把握できていなかったり、対応が後手になってしまった部分もありました。忙しくなり始めた時の翌週に診察の予定があったので、主治医にそのことを相談した上で、上司にも伝えようと考えていました。

 当時はワガママや配慮など言ってられない状況と雰囲気だったので、私にとってはそれが最短で最大の行動でしたし、そもそも通院に行かせてもらうことも無理を言ってぐらいのレベルでした。1週間ぐらいなら体調も何とか保てるだろうと思っていたのも事実です。

 実際には夜10時を超える残業が始まってから1週間と持ちませんでした。最後は食事も取らず、夜12時を越えて残業した日です。家に帰って、食事ものどを通らず、早く寝なきゃと思い、寝ようとしたのですが頭がグルグル回って寝れない。変な汗でびっしょりで、自分の身体や脳に何らかの悪い変化が起きているのがハッキリとわかりました。あ~、明日から仕事は無理だなというのも確信しました。

 思い返せば、昼ご飯を食べる時にも食欲は無かったし、わずかな時間でも寝ようとしていた、夜は差し入れのコンビニのおにぎりさえも食べれなかったし、頭の回転が凄く落ちていて、焦っても仕事が進まないような状態になっていました。

 翌日、朝に職場に電話しました。上司は私の様子と言葉に長期休暇になることを察したようで、何も心配せずに良くなるまで無理せず休むようにと言ってくれました。

 迷惑を掛けることになっても温かい言葉を掛けてくれたのは本当に救いになりましたが、何とかできなかったのかという気持ちもあります。

 復職してから1年半ほど頑張って回復してきた体調や自信は、見事に崩れ去って、時計はリセットされてしまいました。今回の悪化が無ければ、回復が順調に進み、少しでも早く戦力になれたと思うだけに、悔しい思いも強いです。

 深夜残業が続くようになって、睡眠時間を最優先に取っていてもこの結果だったので、職場内で人員補充をするなどしない限りは同じ結果になっていたと思います。

 特に忙しくない時には気を使ってもらえても、本当に忙しくなってしまったら誰もが自分の事で精一杯で、配慮が得られにくいということは今回の事で強く実感しました。

 良くも悪くも、私が他の人と同じように働けないということは、これで伝わったと思うので、しばらくは無理のないよう治療を最優先させながら、万が一また忙しくなったら先手を打つように心掛けたいと思います。

久しぶりの更新(近況報告)

 ご無沙汰しております。前回の更新から随分と時間が経ってしまいました。過去記事を見ると、前回更新したのが62日前だったので、2か月も空いていたことになります。

 この2カ月の間、途中までは順調に仕事もこなせていて、体調も安定していたのですが、先月に突発的に業務量が激増して、深夜残業が3日間続いた時にダウンしてしまい、現在は休職中です。

 3日だけの残業だったら何とかなったかもしれませんが、1カ月間ほど休みなしで深夜残業が続く見込みだったので、結果としてはどのようにしてもどこかでダメになっていたんだろうなぁと思います。

 もうすぐ復職なのですが、今は業務量がまた落ち着いてきているようだとはいえ、今の私の状態できちんとやっていけるかは不安があります。

 職場の管理職の方は、焦らずに無理しないようゆっくり休んでから出てきてねと、やさしい言葉を掛けてくれていることが救いですが、他の人はどう思っているかや、復職してどのような態度を取られるか不安ですし、1カ月ほど休んでいて、タダでさえギリギリやっていた状態だったのに、そこまでも回復していないんじゃないかというのが実感で、活躍したい、みんなの助けになりたいという気持ちはあるけど、無理はできないし、また迷惑掛けてしまうかもしれないという怖さばかりです。

 休職はこれで3回目。2回目の休職から復帰して1年半ほど、本当に地道に少しずつ回復してきて、なんとか仕事もこなせてやってきていたのですが、あっけなく再度休職になってしまい、わずかに積み上げてきた自信や希望も崩れてしまいました。

 ただ、打ちひしがれているだけではどうにもなりません。また、少しずつでも積み上げていかないといけない。正直なところ、どうしたらいいのかわからなくなってしまっているのですが、今できることは何かを自分に問いかけて、支えてくれる周りの方々に感謝しながら、無理をせず、そして再発を防ぐことを何よりも優先させて、再び前に歩んでいけたらなと思います。

休職から復職へのハードル②

 昨日、うつ病で休職している友人から相談を受けて、感じたことを書いたのですが、その後に違和感を感じていました。

 私が苦しい時に凄く助けてもらった友人なのに、内容が少し辛辣だったからかなと思っていたのですが、1日経ってその正体が少しずつわかってきました。

for-happy-life.hatenablog.com

  友人と話をしている中で、「自分はもう復職できると思っているけど、主治医がそれを認めてくれない」「職場の人事には迷惑を掛けたくないので、異動に関して自分のことは配慮はいらないと伝えようと思っている」という発言に強い違和感を感じていました。

 これが自分はまだまだ回復していないので、全面的な配慮が必要と言っているのであれば、少し安心できたのですが、私から見て以前の状態からはまだまだ程遠いのに、そのことについて向き合えず、強がっている部分に危なさを感じたのです。

 自分が正常な状態では無いこと、周りの助けが必要であることを認めることは、復職を目指すにあたって非常に大切なステップだと思います。

 復職すれば、日常生活で受けるストレスは大きく増加し、それを主治医や本人がコントロールすることが難しくなります。毎日、家で好きな時間に起きてゆっくり過ごせるのと、決まった時間に起きて通勤するというだけでも大きな差があります。

 その上で、仕事自体の負荷もあります。復職のトレーニングに勤務時間に集中して本を読んでみるとか書かれているのを見たことがありますが、そんな楽な仕事は滅多に存在しません。

 自分が仕事をこなすことも大きな負荷ですが、負荷を軽減してもらったとしても、それはそれで周りに気を使って精神的に消耗したりもします。

 周りの人たちが楽しそうに談笑しているのに、自分は思うように入っていけなくて、疎外感を感じることもあります。

 私自身は復職というのは1つの壁なのではなくて、いつまで乗り越えても終わることのない無数の壁でできているように感じています。

 実際のところは、健常者にとっても同じなんですけどね。ただ、ハンデを背負っている分、誰もが簡単に乗り越えられるような壁さえもとても高く感じます。

 休めるものなら休みたいし、仕事を辞められるものなら辞めたい。でも、家族を養わないといけないし、仮にそうじゃなくても収入を得て生きていかないといけない。

 仕事なんて無理しなくて休めばいいとか、辞めても生きていけるという話もよく聞きますが、その辺りを踏まえたうえでの話なら、心に入ってくる部分もありますが、そうで無いなら無責任な言葉にしか聞こえません。できるんならやってるよと言いたい。

 どうしようもなくなったら親などに頼るしかないんですけどね。それは本当に最後だと思っています。

 話が脱線してしまいましたが、復職というのはそれ自体は困難でも何でもないけど、その後に治療と並行して再発せずに続けていくということは非常に大変なことです。

 自分自身が正しく自分の体調や状態を把握し、自分でどうしようもできない部分は周りのフォローが受けられる環境が整っていなければ、復職しても再発するリスクというのは非常に高いと思われます。

 周りが気を付けてフォローしてすれば良いといっても、それは理想論だと思います。それぞれが自分の仕事で精一杯ですし、正しく自分の状態が把握できていない状況では、自分自身を守れないし、守ってもらうことも難しい。

  仕事は遊びではないし、学校や部活でもありません。周りは理解してくれようとするし、フォローもしてくれていますが、病気であろうと障害があろうと甘えられない部分があります。復職してからそのように感じることも多々ありました。

 だからこそ、今の自分の脆さを認めて、正しい自分の状態を把握する、周りにどのような配慮が必要なのかを発信して職場と調整していく、今の自分に足りない部分と向き合って、どのように補っていくのかを考えていく。これらのことが、寛解していない状態で復職するにあたっての最低条件であると思うのです。

 

休職から復職へのハードル

 先日、うつ病で休職している友人から、復職についての相談を受けました。3カ月ほど仕事を休んでいたものの、現時点では復職への目途は立っていない状況です。

 本人は復職できる程度にまで元気になったと主張しているものの、医師からはまだ復職はできないと言われて、少しショックを受けているようで、なかなか復職できないことに焦りもあるようでした。

 生活リズムもある程度保てていて、趣味(スポーツ)は相当程度こなせているようです。それだけに復職できないこともショックでしたし、そのまま休職したまま趣味をすることも精神的にかなり辛いと言っていました。

 私が本人と話して感じた印象は、少しは元気になったとは思うけれども、寛解に至っているとは言い難く、うつ病を発症した以前の環境に戻された場合、周りが配慮したとしても、十分なパフォーマンスは発揮できないように感じました。 

 ましてや、人間関係が原因でうつ病を発症している以上は、周りの配慮もいつまで続くのか、どの程度配慮してくれるのかも怪しいところです。また、人間関係以外の面では負担が軽い部署なので異動させれば解決という訳でも無く、本人は異動になっても不安が大きいと感じているようです。

 ごく親しく話しやすい人と少し話したり、ゆっくりしたペースで日常生活が送れているだけで、話をする中での受け答えにも精神的な脆さや仕事に対しての不安が相当強いことを感じました。

 職場に迷惑を掛けてしまっていて、これ以上休んでいては更に居場所が無くなっていくという気持ちが強いようです。

 この気持ちは十分にわかるつもりです。日々何も出来ずに休んでいることがどれだけ辛いことか。実際のところは、同じ部署でもない限りは誰かが休んでいて迷惑が掛かっているなんて思う人はそうそういないというか、そんなこと考えている余裕も無いですし、同じ部署の人でも、確かに一定の負担が発生して大変というのもあるものの、多くの場合は純粋に心配してくれていたりするもんです。

 こういった部分は、うつ病になるまでの人間関係や信頼が大きく影響します。あの人がこんなことになるぐらいだったら大変な状況だったに違いないとか、どうせあの人はいつもあんな感じで逃げてるでしょとか、決めつけに近い評価をする人はかなり多いです。

 本人が十分に回復したと思っていても、実際にはまだまだ回復していなかったり、再発のリスクが高かったり、パフォーマンスを以前のように発揮できなかったりするケースは多く、それでまた休職となれば、職場にとっても本人にとっても辛い結果になってしまいます。

 医師からは趣味に逃げているという指摘もあったようです。私の目から見ても、確かにそのように感じる部分もありました。趣味をしている時はとても休職している人間には見えません。ある程度回復してきて、興味を持てることをこなせるようになってきたら、現実と向き合いながら厳しいリハビリをして、仕事に適応していく努力も必要になります。

 このことは精神疾患や障害を抱えておられる方のブログを読んでいてもよく感じることです。再発防止や回復が最優先なのは言うまでもないですが、治療と甘えの境界線がおかしくなっているんじゃないかと思うことがあります。

 いろんなところで、精神障害者の雇用制度が整備されていないのが間違っているとか、そういった意見も見聞きしますが、実際は雇用制度が整備されたところで、障害者雇用であろうと、そうでなかろうと、基本的には賃金に見合ったパフォーマンスが出せない場合は、精神的には非常に辛い立場に立たされると思います。

 それをどうにかするためには辛くても病気や障害を抱えながらも工夫や努力をして、そのギャップを埋めていく必要があります。

 急性期にある方は休養が全てにおいて優先されますが、それを抜けて回復期にある方で休職している場合は、そのことに向き合えない事には前には進めないようにも感じます。

 甘えなのか、本当に無理なのか、傍から見ていても実際のところはわかりません。でも、本人さえもわからなくなってしまうケースも多々あるんじゃないかと感じています。もちろん、逆に本当は無理なのに、本人が甘えだと思って無理しちゃうケースも多いと思います。

 職場にも受け入れ態勢を整備してもらってハードルを下げることも重要ですが、今の自分の状態を把握して、受け入れて、少しずつハードルを飛び越えられるようにリハビリをしていくことの両面が復職を成功させるためには必要だと感じています。

 私自身もまだ復職が成功したと言えるほどの期間も経っていなければ、十分に回復したわけでも無く、治療もまだまだ長い期間続いていくと思います。

 友人とは綿密に連絡を取りながら、意見を押し付けることなく、一緒に考えていけたらなと思っています。

うつ病患者の宿泊研修

 先日、2泊3日の研修に行ってきました。4月に人事付けが解かれて、8月に宿泊を伴う研修があることを知らされ、関連会社が集まるとはいえ、当初は自分一人での参加はとても不安に感じていました。

 4月の時点では、毎日職場に行くことだけでも負担だったのに、知らない人たちが集まる場で3日間も過ごすことなんてできるのだろうかと。

 最近は、忙しくないから何とかこなせているものの、やはり以前と比べると仕事のパフォーマンスは低く、何をするにしても強い不安を感じて消耗している状態ではありますが、現在の部署の仕事にも少しずつ慣れてきて、宿泊研修についても不安も感じつつ、少しですが楽しみという感覚も出てきていました。

 なんといっても、3日間も仕事を空けて、研修を受けさせてもらえるのですから。以前の自分の感覚で言うと、経費で旅行?に行かせてもらって、今後の仕事に役立つかもしれない人の繋がりも作れて、昼間は勉強させてもらって、それで仕事したことになるのだから至れり尽くせりです。帰ってきたら仕事が溜まって大変ではあるんですけどね。

 つい2か月ほど前の私だと、研修をこなせて帰ってきただけで100点満点だったのですが、自分にとっても研修の意義である、知識などを得るだけではなく、人の繋がりを作ってくることが大きな目標になっていました。知識なんて本を読めば得られるけど、人の繋がりというのは独学なんかでは得られないですからね。

 研修は普通に受けて帰ってくるだけという意味では問題無くこなせました。最低限の人の繋がりも作れたと思います。欲を言えば、もっと広く深く交流したかったのですが、今の私の状態ではそれは難しかったようにも思います。

 日々の研修のカリキュラムが終わってから、飲んだりしながら話をしたりして、情報交換や繋がりを作っていくというのが宿泊研修の良いところだとは思うのですが、人と話すことが負担に感じたリ、疲れてしまって早々に寝てしまったりと、そういった部分でまだまだ難しいなと思う場面がありました。初日は1時まで起きて頑張ってたんですけどね。

 正直なところ、研修以外の部分がきちんとできれば研修の内容はどうでもいいぐらいなんです。そんなこと、あとから勉強すれば良いし、分からない部分も質問すれば研修後でも教えてもらえますし。それが良いのかどうかは別として。

 でも、研修の日程をきちんとこなして、今の自分なりには関係が深いところにはきちんと挨拶や話をして、顔を覚えてもらったと思うので、自分にとっては自信になったし、有意義な研修になりました。4月の時点から考えると、かなりの進歩です。

 まだまだ課題はありますが、また一つ大きな壁を乗り越えられたと思います。無理はしないように心掛けながらも、これからも少しずつ前進していきたいです。

近況報告

 お久しぶりです。ブログ更新できていないなぁと思いながら、たぶん1週間以上が経過しました。

 書きたいネタが無いのではなくて、毎日更新できているうちは、ちょっとしたことでも書けるのですが、時間が空いてくると、何から書こうとか、しっかり書かなきゃとか、余計な事ばかり考えて、全然進まなくなってしまっていました。

 仕事のこと、パソコンやスマホを買い替えようか迷っていること、最近マッサージのお店に良く行っていること、遊びや飲み会に誘ってもらいたいくせに誘われたらしんどくて断ってしまうことなど、少しずつ書いていけたらなぁと思っています。

仕事のこと

 最近は、毎日仕事に行くこと自体は当たり前のようになってきました。その一方で、パフォーマンスを思うように出せない焦りや怒りのようなものを感じるようになってきています。

 復職したころは、ほとんど何も仕事をしていなくても、それだけで精一杯だったし、自分の中でも十分だと思っていたのですが、やはり認められたいし、自分がイメージしたように動けるようになりたい。

 なんとか仕事はこなせていますが、自分はこんなもんじゃない、もっと出来たはずとう気持ちがどうしても出てきてしまいます。

 主治医からは「とにかく欲を出さないこと」と言われています。まだ全然治っていないのに無理をして再発を繰り返す人が多いからというのは良く理解しているつもりなのですが、なかなか感情をコントロールしていくことって難しいですね。

パソコンの買い替え検討

 このブログを書くのにも使っているノートパソコンの動作が遅くてストレスなので、パソコンを買い替えようか検討しています。

 5年ほど前に、旧モデルのものが安くなっていたのを買ったので、6年ほど前のものになると思います。Win10を入れたあたりから急激に動作が遅くなった気がします。

 買い替えなくても、動作を軽くする方法はいろいろあるはずなので、すぐに買い替えるんじゃなくて、あまり予算を掛けずにいろいろ対策してみてからでもいいのではと思ったりもしています。急がないのでゆっくり検討します。

スマホの買い替え検討

 今の端末を買ってからまだ1年も経過していないのですが、買って早々に落として、画面のガラスが割れている状態です。液晶は大丈夫で、問題無く使えてはいるものの、毎日使っているとテンションが下がってしまいます。

 今の機種の次のモデル(zenfone4)がもうすぐ発表されるので、価格などをみてから買おうかどうか検討しようと思います。

 前回は個人輸入で購入しましたが、現地調達が端末自体は一番安く買えるので、台湾に買いに行けたらなぁとか思ったりしています。

 あまり長く書くと疲れてしまうので、今日はこれぐらいにして、また少しずつでも更新していけるようにしたいです。では、おやすみなさい~