うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

日大アメフト部の何がそんなに腹が立つのか考えてみました

 今日も日大アメフト部の元監督とコーチの会見を見ていて、腹を立てていました。

 全体的に日大を激しく叩く流れが出来上がっていますが、寄ってたかって叩く風潮に苦言を呈しているコメント(サッカーの本田圭佑選手など)も見られます。

 何の関係も無い第三者が詳しい事情も分からないのに、まるで獲物を探すように寄ってたかって叩く。お前らはどんだけ暇なんだ。関係無いことにかまっているなら、自分の人生をもっと良くするためにエネルギーを使えと。そういうことなのかなと捉えています。それはそれで一理あると思います。

 芸能人などの有名人が別れようと、不倫しようと、自分は親戚でも友達でも無いので、別に大して何も思わないし、会見などでお騒がせしていますとか言ってるのを見て、何で知らない人にまでそんなこと言わないといけないのか、当事者同士で非難するなり、解決するなりすればいいじゃないかと思うのですが、今回はなかなかそんな風に思えません。

 日々、日本大学の学生さんや教職員の方は可哀そうと思いながら、組織としての日本大学への怒りがこみ上げてきています。

 今回の日本大学アメフト部の件は、スポーツという名を借りた傷害事件であること、その責任を権力者が権力を持たない者(加害者の学生)に押し付けて、切り捨てようとしていること、炎上でもしなければそのまま逃げ切れてしまうというのを、多くの人が目の当たりにしているのが、騒動の流れだと思います。

 自分にとって全く関わりの無い大学で起きている事件。自分の生活にも全く影響はない。でも、ビデオやSNSなどの発達により情報は記録・拡散され、事件があれば目に留まる世の中になっている。そのことが良いのか悪いのかはわからない。というよりその時々でどっちにも転ぶと思う。

 そう考えると、誰でもいろんな悪事を目の当たりにできて、全く関係のない第三者が自由に非難できる環境というのは恐ろしい世の中でもあるように感じます。ただ、監督やコーチが正直に話して、謝罪していればこんなに大きな騒動にはならなかったと思いますが。。

 なんで、訳の分からない嘘を貫き通そうとするんだろうとも思いましたが、それは裁判上不利にならないためなんでしょうね。正直に言っても絶対に有利にはならない。裏を返せば、加害者の学生を切り捨ててでも、自分だけは守りたいんでしょうね。

 常に何か叩く材料を求めているような風潮にも問題はあると思いますが、全く関係無いとはいえ、やっぱり日本大学の対応には腹を立ててしまうのは、その問題を目にしてしまった以上は仕方が無いのかなと思います。

 こんなニュースばかりだと日本がだんだん暗くなっていきそうですね。明るいニュースで盛り上がる世の中になって欲しいです。

 

日本大学アメフト部の悪質タックル問題について

 日本大学アメフト部の悪質タックル問題が話題になっていますね。ビデオで見ましたが、とても勢い余ってというタイミングではありません。

 私がやっているサッカーは遊び程度のものですが、それでもそんな反則を想像するとぞっとします。怪我をさせるために故意でやったのは間違いなく、スポーツという形をとった傷害事件です。

 タックルの悪質さもさることながら、その後の監督や大学の対応の悪さも酷いものがあります。

 先日になって、ようやく監督が謝罪と辞任の発表を行いましたが、自らの関与については未だに否定していますし、そもそも存続さえも危ぶまれているチームの監督を辞任しても何の意味もないように思います。

 少なくとも今年度はまともに活動できないでしょうし、部員も離れていって、現在の強さは維持できないはず。

 最初はチーム内での問題だったものが、悪質な内容と対応の悪さが世間に広まっていくにつれ、今となっては大学としての問題にまで広がっていて、監督辞任ではなく、大学での要職を辞さなければ責任を取ったとは到底言えないほどのレベルになっています。

 個人的には、監督の大学における理事としての辞任とチームの廃部が妥当なラインだと感じています。

 ネットでも書かれていますが、危機管理部がありながら、ここまで危機管理ができていないというのは、もはやギャグかと思うレベルです。

 今回の件は、管理体制の不備により、組織の一員が暴走して起きたわけでは無く、組織の意思として、犯罪(と同等の)行為を行ったことが疑われる問題であり、簡単に済ませてはいけないように思います。

 でも、日大の監督は関西学院大学の読み方を間違えるぐらいだから、当事者意識が無いのも良いところ。もともと読み方を知らなかっても、ちゃんと大学内でこの問題について協議したの?真剣に協議してるなら、普通はどこかで気付かない?

 まぁ、略称で呼ばれることが多いので、「関学(かんがく)さん」とか読んでたら気付かないのかな。そんなの言い訳にはできないですけど。

 私は日本大学にも関西学院大学にも関わりは無いのですが、日本大学の対応は、在籍している多くの学生さんや教職員の方、またこれから受験を考える人たちにとっても、大きな悪影響を与えることになると思います。

 私なら、こんな腐った組織の大学に子供を入学させません。自分が高校生だっとしても嫌です。学力的にも同等レベル以上の大学はいくらでもあるので、あえて入学する理由が全くありません。

 被害者側である関学のチームや部員の方に対してももちろんですが、日本大学に関わる多くの方のためにも、きちんとした形での解明と解決がなされるといいなと思います。

キンタローの欅坂46平手モノマネ炎上に感じたこと

 お笑い芸人のキンタローさんが、欅坂46の平手さんのモノマネをしたことが炎上しているらしいですね。

 お笑い芸人が有名人のモノマネをするのだから、特徴を捉えながら笑いに変えていくというのは当然のことなのですが、今回のことについては少し思うところがあったので、そのことについて書いてみたいと思います。

 炎上した動画を見ていなかったので、今チェックしてみたのですが、確かに悪意はないのかなと感じました。そもそも、お笑い芸人のモノマネは、モノマネ対象への悪意があっては成立しないと思っています。どれだけ笑いに変えようとも敬意が必要。

 なぜ自分が動画も見ない段階から、モノマネが炎上しているのを聞いただけで思うところがあったのかと考えた時、平手さんの精神状態が良くないかもしれない、少なくとも体調が万全ではないのではないかと思われるのに、モノマネをしたことに対して違和感を感じたからです。

 私が欅坂の平手さんを知ったのは、ここ半年ほどの間です。欅坂46というグループがあるのは知っていたけど、メンバー個人のことは全然知らなかった。そんな程度の認識でしたが、初めて見た時に衝撃的だったのを覚えています。

 衝撃的というのは悪い意味ででした。死んだような目、全く見せない笑顔、放送事故のような状態。なぜ、こんな子が人気グループのセンターなのかと思い、少し調べてみたら、元々は明るく、可愛らしい、才能のある子なんだなということがすぐにわかりました。

 彼女の動向や体調を把握しているわけではありませんが、その後もイベントなども休みながら活動しているようです。勝手な推測ですが、精神状態があまり良くないんじゃないかなと思っています。

 上手く言えないけど、そんな状態の人を、そんな状態のときに出した曲のモノマネをするというのは、なんかちょっと良くないんじゃないかなぁと感じたのだと思います。

 精神的に不安定だったり、健康などに問題を抱えている人をモノマネするのなら、その人を元気付けられるようなモノマネで無いと、反感を余計に生むのではないかと思うのです。

 炎上している理由が私が感じていることと同じなのかはわかりませんが、精神疾患を抱えた者として、そのように感じたので、メモ代わりに残しておきたいと思います。

マネックスグループの売却タイミング

 先月に6,000株ほど買い集めたマネックスグループですが、それなりの含み益を抱えた状態になっています。

for-happy-life.hatenablog.co

for-happy-life.hatenablog.com

for-happy-life.hatenablog.com

 その後、4月の月次概況が発表されたのですが、私が期待していたような口座数等の増加はありませんでした。株式市場で注目されているからといって、そこまで変わらないものなんですね。

 私が敏感になっているだけで、世間一般にはそんなに注目されている訳でもないのかもしれません。

 コインチェックは利用したことがありませんが、アプリのデザインが秀逸だと思います。マネックスもこの機会にそういったデザインの取引ツールを提供してくれるようになったらいいのになぁ。

 現在の株価は短期的な業績で見れば割高な水準、中長期的には未知数といった感じなのですが、日々もの凄い出来高での売買が行われていて、方針としては株価の上昇に合わせて少しずつ売却していくスタンスではあるものの、判断ができずまだ売却せずにホールドしたままです。

 日中は仕事で判断できないのもあるので、基本的な方針は変えませんが、出来高が大きい状態が続くうちは、様子見で行こうと思います。

歓送迎会がなんとか終了

 今日は職場の歓送迎会でした。50人ほどの規模でしたが、比較的居心地の良い場所に陣取って、席を回ることもせずに、ゆったり過ごしてきました。席を回ったところで、話すのが負担に感じてたら、相手にも負担になりますしね。

 ずっと同じ席に座っていても、近い席の人や、何人か回ってきてくれた人とは話をすることができました。

 今日ぐらいの感じなら、そこまで大きな負担もなく、なんとか過ごせるようになったかなぁという感覚はありますが、周りが楽しみながら飲んでいる様子を見て、やっぱり同じようには全然いかないなぁという感じでした。

 もともと、そんなに話が得意な訳でもなく、こういった場を盛り上げるタイプではないものの、上役にはとりあえずは挨拶に回っていたし、あとは適当にいろんな席を回りながら楽しめることはできていました。

 こういう場でお酒を飲まなくなったので、冷静に考えてしまう自分がいますが、そもそもこういう席ではお酒を飲んで、そんなに細かいことを考えていなかったのかもしれません。酔ったら大抵の人は適当なんですから。

 なんとなく飲んで、なんとなく挨拶回って、酔って気分良く過ごす。みんな適当なことを話しているけど、酔ってるからそんなの気にしない。

 なかなか同じように過ごせないから焦って考えてしまうけど、職場の飲み会なんてそんなもののはず。でも、今はそれが難しいのだから仕方が無い。

 まだ自然と笑顔で話せるようになってきただけ、かなり良くなったのかなとも思うので、今日は参加して何人かと話せたこと、料理を美味しくいただけたこと、2次会には参加せず帰ってきたことを、自分で良く頑張ったねと褒めてあげたいなと思います。

 これで歓送迎会は全て終わったので、一安心。次の機会にはもう少し楽しめるようになってたらいいな。

ゴールデンウィーク後半も終了

 ゴールデンウィークも終わってしまいましたね。比較的ゆったりとしたスケジュールしか組めませんでしたが、後半も、友人と会ったり、実家とご飯を食べたりと有意義に過ごせたように思います。

 本当は友人とキャンプに行く予定もあったのですが、天候が悪くなる可能性が高かったので、流れてしまいました。正直なところ、行きたい気持ちもあった反面、体力的にも精神的にも不安がありました。もう少し気軽にいける体調になったらいいなぁ。

 ホームパーティーといえば大袈裟ですが、家で10人ほど来てもらって、飲み会もしました。普段はしないような料理も振舞いながら、昼から夜まで、食べたり、飲んだり、話したりしながら、あっという間の時間を過ごせました。

 うつ病になってから、そういった時間を持つ頻度が減ったように思います。親しい友人と会う機会が減ったというのもありますが、そうでもないメンバー、例えば職場での飲み会などでも以前は純粋に楽しめていたように思うのですが、今は楽しむどころか、かなり負担に感じています。

 楽しくリラックスできる時間というのは、うつ病になりながらも楽しく過ごしていくためにも、バランスの取れた精神状態を保ち、治療を進めていくためにも、非常に大切だと思っています。

 周りと同じように楽しんだり、行動できない状態ではありますが、理解のある友人と、いかにそういった時間や機会を作っていくかを、これからも大切にしていきたいです。

 うつ病になって、随分と人間関係が狭くなったように感じていますが、それでも一番大切な部分は残っているように思います。都合良く考えれば、その部分を中心に人間関係を再構築できるチャンスでもあります。

 うつ病になったことによるマイナス面はとても深刻なものがありますが、できないことを意識するのではなく、今の自分にできることをしっかり意識して、自分自身を評価しながら、過ごしていきたいと思います。

 休み明けの仕事はやっぱり辛かったですが、今週はあまり忙しくないので助かりました。これから四半期のピークに向かって忙しくなってくるので、体調の変化に気を付けて、ぼちぼち頑張っていきます。

ゴールデンウィーク前半が終了

 ゴールデンウィークの前半が終わりましたね。前半は友達との飲み会、サッカー、親戚とのご飯など、ほどほどに予定があって、楽しめたと思います。

 友達との飲み会は、かなり長い時間ゆっくりと話すことができました。4人で飲んだのですが、私以外の3人は超が付くほどの一流企業で、私の倍ほどの給料を貰っている人もいて、今の自分のふがいなさに勝手に落ち込む部分もあるけれど、以前と変わらず、優しく接してくれて、大切な自分の居場所の一つだなと改めて感じました。

 うつ病になると会話が思うように出てこなかったり、不安感があったりで、コミュニケーション能力は大きく落ちるように思いますが、良好な人間関係が回復にも大きな役割を果たすようにも感じているので、これからも大切にしていきたいです。

 サッカーは暑い中4時間もやってました。当然、交代や休憩もはさみながらです。相変わらず、身体は思うように動かず、判断や動きも悪かったりでしたが、参加を定着させることで、良い方向に改善させるきっかけになるかなと思い、参加することに意義があるぐらいの気持ちで、これからもやっていこうと思っています。

 サッカーの休憩中に、メンバーからスマホばっかり弄ってるけど、そんなに誰かと連絡とらなあかんの?と言われました。実際は連絡を取らないといけないのではなく、なんとなく話をするのに入っていきにくいから、ブログなどを読んでいただけなのですが、言われてみると、何となくコミュニケーションを避ける傾向があるように思いました。

 実際に、話をすることに負担を感じるので、どうしたら良いのか、話をするのがしんどいからサッカーに行かなくなってしまったら意味ないし、話をするのがしんどいなんて伝えられないし、悩みどころです。

 親戚が集まる場でも同様です。どこか会話を避けながら、その場をうまく乗り切ろうとしている自分がいます。もともとそんなに会話が上手な訳でもないのですが、それ以前の問題で、無意識的に避けようとするのは、負担に感じるからというのが大きいように思います。

 誰も敵対しているわけでも無く、むしろ暖かく接してくれているのに、それで負担に感じるのは、まだまだ治っていないんだなぁと感じます。

 また別の機会に書こうと思うのですが、うつ病になる前の自分のフェイスブックを読み返して、今の自分の精神状態ではとても考えられないような生活を送っている自分がそこにありました。全然違う。やっぱり今は無理はしたらダメなんだ。しっかり治せるといいなと思います。

 さて、明日は仕事ですが、ほどほどに頑張ります。