うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

抗不安薬の断薬 6日目

 抗不安薬の断薬をして6日目です。若干、イライラしやすかったり、不安に感じることが多いように感じているものの、何とか過ごせています。

 イライラしやすいのは躁状態というよりは、不安に感じることによるもので、鬱の症状によるものだと思っています。

 やはり抗不安薬を飲んでいるときよりも、自分がうつ病なんだなと感じることが多いです。薬の効果は確実にあったんだなと実感しています。

 今のところ、何としても断薬を続けようというよりは、無理そうならすぐに薬を飲むという気持ちでいます。変なこだわりは良くないように感じています。

 今回はいきなり完全に断薬するのではなく、毎日飲む薬から、頓服として飲む薬に切り替えるイメージです。

 最近は仕事が少しバタバタしてきていて、来週から3週間ほどは忙しくなってくるので、体調を安定させることを優先して、なんとか切り抜けられるようにしたいです。

 

抗不安薬の依存性と断薬

 現在、抗不安薬ロラゼパム抗精神病薬スルピリドを1日1錠ずつ飲んでいるのですが、主治医からは断薬して薬無しか、抗うつ剤に変更して治療を進めていきたいと言われています。

 私にとっては、今飲んでいる薬は即効性があって、効き目も穏やかで、目立った副作用も感じていないので、このままの方が良いと思っていたのですが、主治医が言うには抗不安薬は依存性が強いので、止める時が大変になるので、長い期間使いたくないとのことです。抗精神病薬スルピリドの依存性については何も言われていないのですが、どちらにしても治療方針としては断薬の方向のようです。

 依存性が強いって、そんなことないのになぁとか思っていたのですが、最近は確かにそうなのかもと思うことがあります。

 ついつい依存性というと覚せい剤の禁断症状のようなイメージがあるので、全く当てはまらないと思っていたのですが、飲まないと何となく不安で、結果として飲むことになるというのも立派な依存性と言えるのかなと感じていて、今飲んでいる抗不安薬がまさにそんな感じです。

 どちらにしても断薬して、薬無しで治療しながら働けるのが一番良いとは思うので、断薬に向けて取り組んでいるのですが、急に止めることは厳しそうなので、最初は休みの日は飲まないところから始めました。

 これだったら、比較的ストレスの少ない休日から断薬を試せますし、不安でしんどいときでもスケジュールを調整しやすいです。

 ここ2週間ほど休日の断薬をやってみて、予定していたスケジュールをこなすのがしんどくなって減らしたりはしましたが、そんなに問題無く過ごせています。

 そして、次の段階として、平日である今日に断薬を試してみました。少し負担の掛かる仕事を抱えていたので、いつでも飲めるように職場に薬を持って行きました。

 結果、仕事はバタバタしていたのですが、良い意味で時間を忘れられるような感じで、いろいろと疲れはしたものの、不安感はそんなに大きくならずに仕事を終えることができました。

 この調子なら、明日も断薬を続けてみても大丈夫なように感じています。ただ、薬の飲み始めと、止める時は非常に慎重にしないと、体調が一気に悪化することも今まで経験しているので、少しでも無理を感じたら薬を飲むように心掛けたいです。

 ここから9月上旬までは仕事が少し忙しい時期になるので、断薬も進めつつ、しっかり体調管理して乗り切れるといいなと思います。

 

 

ユナイテッドアローズのアウトレット

 ここ数年はあまり服を買わなくなって、買うとしてもユニクロで済ませることが多かったのですが、最近ユナイテッドアローズのアウトレットで服を買って、少し思ったことがあったので書いてみたいと思います。

 うつ病になってから、人に会ったり、買い物に出かけたりなど、出掛けるのがかなり億劫になりました。ただでさえ億劫なのに、出掛けるとなって服を選ぼうとして、そんなに気に入っている服がないので更に億劫になるというのを繰り返していました。

 普段来ている服は、普段着としてなら何も問題無いのですが、お出掛けとなるとちょっとオシャレじゃないなぁと思ってしまうのです。

 これは決してユニクロが悪いわけではなく、自分のセンスの問題でもあるのですが、それでもやっぱりシルエットや発色、素材感など、コスト的な限界というのはあるように思います。

 でも、服にお金を掛けるとなると経済的にしんどい。ちょっと買い物しただけで簡単に数万円が飛んで行ってしまいます。良い服を買ったほうが良いなんて、当たり前の話なので、どうやってバランスをとるのかが問題です。

 そんな時に、近所にあるアウトレットに入っているユナイテッドアローズに行ってきたのですが、とても使いやすいことに気付きました。

 ある程度きちんとしたものから、カジュアルなものまで、全体的に綺麗めな服が揃っているので、清潔感があってシンプルな服装が好きな私には、ユナイテッドアローズは価格帯が高いことを以外は好きなお店です。

株式会社ユナイテッドアローズ 公式サイト|UNITED ARROWS LTD.

 アウトレットの店舗というと、人気のない商品やセンスの悪い商品が集まっているというイメージがあるかもしれませんが、そんなに悪くありませんし、各ブランド(BEAUTY&YOUTHやグリーンレーベルなど)の商品が集まってきていて、アウトレット用のブランドの商品もあるので、商品の構成は自分にとってはむしろいい感じかもしれません。

 価格もアウトレットなので安くなっていて、ユニクロなどファストファッションのブランドで買うよりも流石に高くなりますが、かなりそれに近い価格で服をそろえることができます。

 アウトレット用のブランドはA DAY IN THE LIFEというブランドのようですが、このブランドでベーシックで使いやすい商品を置いておくことで、アウトレット店舗だとどうしても売れ残りが回ってきてしまうところを、上手にバランスを取っているように思います。

 アウトレットのバーゲンという、バーゲンのバーゲンのようなものもあるようなので、活用していきたいです。

 最後になって、ユナイテッドアローズのアウトレットのページがあることに気付きました。オンラインショップでもアウトレットがあるようなので、良かったら見てみてくださいね。

OUTLET / アウトレット 公式通販

 

はてなブログ読者数ランキング

 ブログを書くモチベーションって、PV(アクセス数)、はてなスター、読者数、コメントなど、読んでくれている方々の反応があるからこそ保てるのかなぁと思っています。

 やっぱり伝えたいことを書いたところで反応が無ければ寂しいですし、反応があればとても嬉しいです。

 うつ病になって、仕事や趣味などで今まで自分が得られていた承認欲求が満たされなくなったので、今の状態でもブログならなんとか続けられているし、その中で少しは承認欲求も満たされているのかなと感じています。

 はてなブログ読者数ランキングというサイトがあります。このブログの読者数はこの記事を書いている時点では338人なのですが、順位を調べてみると868位でした。

はてなブログ読者数ランキング

 実は随分前からこのランキングの存在を知っているのですが、読者数が少しずつ増えている割には順位はそんなに変わっていません。確かランキングを知った時は読者数が200人ほどで順位は890位ぐらいだったように思います。

 読者数が増えても順位が上がらないのは、読者になってくれたけど、もうブログは読んでいない、はてなブログを使っていないという、登録しっぱなしの方がこのブログに対してだけではなくて、全体的に存在しているからです。わざわざ律儀に解除する人の方が当然少ないですもんね。

 これは読者数が増えてもはてなスターがもらえる数はそんなに増えないことからも言えるし、私が読者登録させていただいているブログを見ていても、読者解除するよりも登録するほうが圧倒的に多いのに、新着記事に上がってくる数はそんなに増えないことからも言えそうです。

 何が言いたいのか自分でもよくわかりませんが、ブログって続けて書いていくことも難しいことだし、読んでもらうことも難しいことなのかなと思います。

 ブログを書いていると、他の素晴らしい多くのブログを見て、自分のブログをどのようにしたらもっと読んでもらえるんだろうと考えることがあります。

 でも、文章や話の上手さはなかなかすぐには改善されないし、無理に話題を作ってもそんなに魅力的な記事にはならないし、そんなことよりは日々、細々とでも続けていくことが大切なのかもしれません。

 ランキングの話に戻りますが、私の読者数のあたりは激戦区で、100人読者数が増加すればなんと600位ぐらいまで上がります。その100人の方に登録してもらえるということが大変なのですが、そんなことを妄想しながらも、一つの楽しみとして続けていきたいと思います。

 

 

やっぱり他人と比べると辛い

 今日は職場の同僚がやっているバンドがイベントに出るというので、覗きに行ってきました。

 小さなイベントではありますが、いきいきと演奏をしている同僚を見て、同じ職場という環境で生きているのに、自分には何も打ち込んでいるものがないなぁと複雑な気持ちを持って帰ってきました。

 イベント自体は良かったのです。演奏している人たちが楽しくなさそうだったら、当然観ている人も楽しめないので、盛り上がるのは当然いいことなのです。

 でも、ついつい他人と比較しては落ち込んでしまう自分がいるように思います。普通は同僚も楽しそうにしていてよかったし、自分もイベントを楽しめてよかった。別に同僚が楽しそうだったからと言って、自分にも楽しいことはいくらでもあるし、そんな事は気にならないという感じだと思います。

 うつ病になって、自分の趣味や生活が楽しめなくなってしまったように感じています。それをする元気もなければ、しても以前ほど楽しめない。

 無理をすると仕事に響くので、仕事が終わった後や休みの日はあまり予定を入れないのですが、それだと仕事ばっかりの生活になってしまう。

 以前だったら仕事でもそれなりに活躍できていたので、それでも満足できる生活ができていたのかもしれない。でも、今は満足なパフォーマンスを出せずに、いつ再発するか恐れながら、周りにも迷惑を掛けながら仕事をしている。

 周りと比べて本当に不幸なのか、自分には何もないのかと考えると、家族はいるし、かなり付き合いは減ったとはいえ、仲の良い友人もいる。

 最近は、山形と宮城に旅行にいってきたし、葉加瀬太郎のフェスにも行った。来月はバーベキューの誘いがあったし、あまり参加できていないけど、サッカーの練習や試合もある。

 仕事も降格はしたけれども、何とか続けられているし、家計に余裕はないけれども、中古住宅を買ったおかげでローンの返済負担は少ないし、貯蓄もそれなりにある。

 他人から見たら自分にも羨ましい要素があるにも関わらず、どうして他人の良い面を見て羨ましいと思うのだろう。思うのは良いのだけど、どうして自分が不安になってしまうのだろうか。

 FacebookTwitterなども、他人のを見て自分が不安になることもあるけれども、それは他人の楽しい部分だけを切り抜いているっていうことがほとんどだし、場合によっては演じていることさえもある。

 私がうつ病になる前に、友人が旅行にいった様子をFacebookにあげているのを見て、旅行たくさん行ってて良いなぁと友人に言ったら、自分よりたくさん旅行行ってる人に言われたくないわ(笑)と言われた記憶があります。

 なので、自分からみた他人なんてそんなもんなのかもしれません。それぞれが楽しいことや、しんどいことを抱えながら生きている。でも、自分から見える他人はどうしても楽しそうな部分しか見えないことが多い。隣の芝は青い。まさにそのとおりなのかもしれません。

 書いているうちに少し落ち着くことができて良かったです。明日からまた仕事。無理をせずに、一週間が無事に過ごせるといいなと思います。

メンタルヘルスマネジメント検定一種を秋に受けようと思います。

 3月にメンタルヘルスマネジメント検定二種は無事合格することができたので、11月に一種を受けようと考えています。

 二種は90点(100点満点)という高得点で合格できたのですが、私が受けた第24回試験では77%と非常に高い試験であったのに対して、一種の合格率は直近の第23回試験で19%と二種よりはかなり低めなので、確実に合格できるかは自信がありません。

 ただ、うつ病の治療をしていくに当たって知識を持っておくのは良いことですし、様々な制度や方針と、実際の職場での実情とのギャップを知っておくことで、何かの役に立つかもしれないと考えています。

 目標を作って、何かに取り組んでみるという意味でも、頭の体操という意味でも、リハビリになるのかなとも思っています。読書療法を主治医から勧められたこともあるので、ちょうど良さそうです。

 二種を受けた3月の時点では、余裕で合格できるだけの準備が出来ていたにも関わらず、大きな不安を抱えながら受けたというのは覚えています。いったい何にそこまで不安を感じていたのかは良くわかりませんが、この5か月間ほどでかなり状態が良くなっているのかもしれません。

 一種を受けるときも、試験が近づいてきたらプレッシャーになってくるかもしれませんが。。

 資格試験って、別に職場から求められて受けるわけでもないですし、落ちたとしても受験料はもったいないけれど、次受ければ良いだけなので別にプレッシャーに感じる必要なんてないんですけどね。

 落ちたら受験料がもったいないから、絶対に受からないといけないと思っているのも貧困妄想の一つなのかなと思っています。

for-happy-life.hatenablog.com

  試験までちょうど3か月ほどです。難易度からすると、試験勉強を始めるのにちょうどいい時期かもしれません。無理をしない程度に、でも、できるだけ毎日少しずつでも取り組みようにしたいです。

貧困妄想の正体ってなんだろう

 昨日は友人と夕食を食べに行ってきました。今の職場の中で、数少ないプライベートでも交流のある人の一人で、職場の同期です。

 その友人もうつ病で休職していたことがあったのですが、今はかなり元気になっていて、通院の頻度も2か月に1回ほどと順調に回復しているようです。

 彼の場合は、原因は多忙によるものではなく、上司のパワハラによるものということがハッキリしていたので、異動したことによってかなり改善されたのかもしれません。

 順調に回復していて良かったなぁと思う反面、思うように回復していない自分と比較して、羨ましいなぁと思ってしまう部分もあります。

 私も1回目の休職から復帰した時は、プライベートでもかなり楽しめるまでに回復していましたが、3回の休職を経て復帰した今は、それどころではありません。

 いつ再発してもおかしくない中で、仕事の負荷が増えたりトラブルが発生したらどうしようとか、ずっと働き続けられるのかという不安を常に持ちながら過ごしています。

 昨日は、食事のあと、少しショッピングセンターをぶらぶらしていたのですが、友人は2万円ほどするかなり高級なクッションを買っていました。貧困妄想で出費を抑え気味な私からすると信じられない買い物です。

 話をしている中で友人は、人間いつか死ぬんだから、今を楽しまないと損ということを言っていました。

 私は既婚で子供がいて、友人は離婚して独り身だから、環境が違う影響は大きいのもありますが、私は今を楽しめていないだけでなく、楽しもうとしていないのかもしれないと感じました。良く言えば、いつ再発して働けなくなってしまうかもわからない中で、先のことを考えて備えているんだと思います。

 貧困妄想の原因はそこにあるのかなというのは前々から感じていました。今を楽しんで、元気になって、もっと稼ぐという考えではなく、いつか働けなくなってしまうから、一生懸命節約して、働けなくなってもいけるようにするという考えが強くなっているのです。

 うつ病の症状が働き続けられないと思わせているのか、そう思っているからうつ病が良くならないのかはわかりません。ただ、未来への悲観的な見通しが、経済的にもそうなってしまっているので、今の貯金額や収入などはあまり関係なく、貧乏に感じる原因なのは間違いありません。

 私は同年代と比較してかなり金融資産の額は多いほうだと思いますが、一生暮らせるほどのお金は当然ありません。でも、私の今の考えで行けば、それでは足りなくて、働かなくても暮らせる状態にならないとお金が足りないということになってしまいます。

 家族を養ったり、親の面倒を見たり、現実的にはお金がどうしても必要なことはたくさんありますが、楽しく過ごせることが家族にとって何よりも幸せなのは間違いないはずです。

 貧困妄想を改善させる糸口はまだ見いだせていませんが、自分から誘って友人と外食に出かけるというのも改善している証拠かもしれません。

 自分が楽しいと思うことに少しずつでも出費していくことで、改善していくのかもしれないので、無理のない範囲で自分への投資、出費を増やしていきたいと思います。