うつにっき -うつ病の治療きろく-

うつ病の治療や過去の振り返り、新しい生き方の模索などを記録していくブログです。

モニタリングという番組が嫌い

 モニタリングという番組が嫌いです。もし、おじいちゃんがプロのスポーツ選手だったらとかでドッキリを仕掛けているといった内容の番組ですが、ヤラせ感満載な雰囲気なのに、ナレーションとともにサクラ?の驚いている声が入っているのが何とも好きになれません。

 番組名に人間観察バラエティって付けていて、もうこれはバラエティだから、ヤラせだけど、そんなことわざわざ気にせずに笑えばいいんだよ!ということなのかもしれませんが、割り切って楽しめないどころか、不快感を感じてしまうところが、うつ病になりやすい性格なのでもあるのかなぁと思っています。

 実際のところ、みんなはどう思っているのか気になります。本気でやっていると感じているのでしょうか?まさかとは思いますが。

 とあるニュースの、とあるコーナーでテレビ局が家に取材に来て、出演したことがあるのですが、家を訪ねてきた場面から最後まで、きちんとした脚本は無いにしても、どんな構想にするか打ち合わせがあって、簡単なリハーサルをしてから、本番の撮影でした。

 多くの人は、モニタリングがヤラせなのか、本気でやっているかなんて、どっちでもいいので、楽しければいいか、興味ないかのどちらかなのかなと思っています。

 で、興味がなければ見なければ良いだけで。私は、興味が無いから見ないけど、たまたまモニタリングが流れようなものなら、ストレスを感じてしまいます。どっちでもいいなら、ストレスを感じなくてもいいのにね。

 ドッキリの爽快感みたいなのが好きな人もいるかもですし、それはわからなくも無いです。実際にモニタリングの元ネタと思われる、同様の画像はヤラせには見えなくて、とても面白いです。

 ふと思い立って、モニタリングの悪口をずらずらと書いてしました。ごめんなさい。